TOPイメージ

糖質制限(ロカボ)ダイエットは痩せない!? ~失敗する女性が多い理由

糖質制限ダイエットが流行っていますよね。

糖質制限は、炭水化物抜き、ロカボ(ローカーボ)とも呼ばれることがありますが、どれも糖質を摂らない(控える)という点で共通しているダイエット方法です。

  • 糖質制限ダイエット糖質が入っている食事を食べない、または減らすダイエット方法
  • 炭水化物抜きダイエット炭水化物(糖質+食物繊維)、主にご飯や麺、パンなどの主食を食べないダイエット方法
  • ロカボ(ローカーボ)ダイエット糖質制限ダイエットの一種。決められた糖質量を超えないように適切に摂取するダイエット方法

これらは結果が出やすいダイエット方法なので、日常的に実践しているダイエッターも多いと思います。

これだけ糖質制限が流行っているのは、もちろん糖質が太る原因の一つだからです。

ご飯や麺類が太るのは、エネルギーとして使い切れなかった糖質(炭水化物)が脂肪として蓄えられるからなのですね。

最近では、糖質ゼロや糖質オフの飲料や食品が増えていることからも、糖質がいかに健康やダイエットの天敵とされているかが分かります。

理論的には、糖質を制限することで脂肪として蓄えられることがなくなるので痩せるはずなのですが・・・何故か糖質制限ダイエットで痩せない人も少なくないのです。

そこには、糖質制限の穴とも言える「痩せない理由」が関係しているのです。

糖質制限で痩せない理由

筋肉量が減って「基礎代謝」が低下する

糖質は活動のエネルギー源になる栄養素なので、糖質を摂らなければ体は他の栄養素からエネルギーを作り出します。

筋肉を作るためにはタンパク質が重要なのですが、糖質制限ダイエットを続けるとタンパク質をエネルギーとして使い続けることになりますので、筋肉量が低下してしまうのですね。

筋肉を動かすためにはエネルギーが必要ですので、筋肉量が多い人ほど同じ行動でもより多くのエネルギーを必要とします。

筋肉量が減ってしまうと、何もしなくても消費するカロリー(基礎代謝)が減ってしまうので、痩せにくくなると言うわけです。

私たちが普段なにげなくやっている掃除や洗濯、炊事でも体を動かすわけですから、基礎代謝の低下だけでなく、筋肉量が減ることによる消費カロリーの低下によって体重が減りにくくなるのです。

少量のエネルギーで活動できる体になって太りやすくなる

糖質を足らない生活を続けると、体は生きるための少量の食材からより多くのエネルギーを絞り出すようになります。

つまり、燃費が良い省エネ体質へと体が変化してしまうのですね。

こうなると、どれだけ食事量を減らしても痩せにくくなるため、ダイエットに失敗したり、挫折してしまうのです。

糖質制限ダイエットで一時的に痩せられたとしても、ダイエットをやめたとたんにリバウンドしてしまう女性が多いのは、このような体のメカニズムが関係しているのですね。

そもそも糖質を制限できていない

糖質制限ダイエットでやせない理由で意外と多いのがこれ。

御飯と麺を食べなければOK・・ではありません。

例えば、里芋やジャガイモ、サツマイモなどの芋類には多くの糖質が含まれているので、たとえ御飯を抜いてもおかずで糖質を取りすぎてしまうこともあるのですね。

他にも、ごはんを食べないけど日本酒やビールをよく飲んだり、お腹を満たすためにイチゴやバナナなど糖質が多い果物をたくさん食べたりしても糖質を取りすぎてしまうことがあるのです。

食べ物以外でも油断は禁物。コーラやサイダーなど甘いジュースには糖分がたっぷり入っているので飲まないようにしましょう。ちなみに、余談かもしれませんが、糖質と糖類の定義は別物なので、糖類ゼロには「糖類に分類されない糖質」が入っています。

糖質に気を付けるなら「糖類ゼロ」よりも「糖質ゼロ」を選びましょう。

糖質制限で結果を出すためには、穀類以外の糖質が多い食材と、少ない食材の知識をしっかり身につけることが大切なのですね。

糖質が多い食材(穀類を除く)

  • 芋類:サツマイモ、じゃがいも、里芋、山芋など
  • 豆類:えんどう豆、そら豆、あずき、インゲン豆など
  • 野菜類:カボチャ、トウモロコシ、レンコンなど
  • 果物:バナナ、イチゴ、みかんなど
  • アルコール:日本酒、ビール、シャンパンなど

参考:糖質が少ない食品・多い食品 | 健康うちごはん

糖質制限ダイエットで失敗した人の口コミ

ストレスで失敗 32歳女性

3ヶ月前に朝と夜にサラダだけを食べる炭水化物抜きダイエットに挑戦

とにかく空腹感が酷かったのですが、なんとかがんばって1ヶ月間続けたところ4kgの減量に成功

しかし、翌月から体が痒くなったり、イライラしたりと糖質制限していること自体が強いストレスに

絶対に糖質抜きダイエットが原因だと思いましたので、きっぱりやめたら見事にリバウンド

やめて2ヶ月経過した現在は、ダイエットを始める前よりも3kg太っています

こんなことなら糖質制限なんて始めなければよかった

思っていたイメージと違いました 26歳女性

昨年の秋にTVでゆりあんが糖質を制限するロカボダイエットで10日で8kgに挑戦する番組に感化されて、私も糖質制限ダイエットにチャレンジしました。

1食で糖質20g(1日60g)ならお腹いっぱい食べてもOKというダイエット方法だったので楽勝・・・のはずだったけど糖質の量を調べるのがとにかく面倒で料理も大変なんです。

結局自己流で制限したけど全然体重が減らなくて3週間ほどで挫折しました。

栄養士や調理師でもない限りテレビのように上手く痩せられないと思います。

年末に大失敗してリバウンド 28歳女性

標準体重より10キロオーバーのぽっちゃり体型です。
昨年の目標が標準体重でしたので12月から駆け込みで糖質制限ダイエットを始めました。
ごはんを食べないだけの単純な方法でしたが、体重は着実に落ちてくれて年末にはマイナス5kgを達成♪さすがにマイナス10kgは無理だと分かりましたが、できる限り痩せてやろうと意気込んでいたのですが、年末年始の連休の食っちゃ寝生活で4kgも増えてしまいました。。
ダイエットは年末年始にやるものじゃないです笑
あと、このダイエットで痩せるには意志の強さが一番大切だと思います。

糖質制限ダイエットで気を付けること

食事量の減らしすぎは禁物

糖質制限ダイエットで良くあるのが、糖質を減らすために食事量自体を減らしてしまうことです。

食事量を減らすと糖質はカットできますが、タンパク質やビタミン、ミネラルなど身体に必要な成分までも減らしてしまうことになりますので栄養不足で体調を崩してしまう可能性があります。

いくら痩せたいからといっても不健康になっては元も子もありません。

健康的に痩せるためにも、食事量を減らしすぎないように気を付けましょう。

糖質制限ダイエットの正しいやり方

重要なのは「抜く」のではなく「減らす」こと

糖質制限ダイエットで痩せるためには、糖質を抜くのではなく減らすことが大切です。

こうすることで筋肉量を維持しながら、省エネ体質になることなく痩せることができます。

御飯をまるごと抜くのではなく、糖質の摂取量を減らすことを意識して糖質制限ダイエットにチャレンジしましょう。

理想はロカボ(ローカーボ)ダイエット

ロカボダイエットは、糖質を全く摂らないのではなくて糖質の1日あたりの摂取量を決めるダイエット方法です。

やり方はいくつかありますが、有名な「麻生式ロカボダイエット」では1日の糖質摂取量60g(1食20g)をきちんと守りさえすれば、後はどれだけ食べてもいいというダイエット方法。

糖質の摂取量を適切に守れば、タンパク質や脂質は取り放題ということですね。

摂取カロリーではなく、糖質のみに焦点を絞ることによって空腹感がないため、成功率が高いダイエット方法として話題になっています。

ちなみにご飯は、お茶碗1杯に50g以上の糖質が含まれているので、食べてもお茶碗3分の1程度になります。

パスタ、ラーメン、うどんなどの麺類も軒並み50gを越えるので、基本的には食べられないことになりますね。どうしても食べたくなったら横で食べている人に一口だけもらう程度にしましょう。

簡単&安全に糖質を制限する方法

どの食材にどれだけの糖質が含まれていて、どれだけ食べれば無理なく痩せることができるのかを知るのは大変ですし難しいですよね。

そんなときはサプリメントを利用することで、簡単に糖質をカットすることができます。

サプリメントを上手に利用

おすすめのサプリは「ベジファス」

食事の前にゼリーを1本食べるだけで、血糖値の上昇を抑制して糖や脂肪の吸収を抑えることができる特定保健用食品(トクホ)と同じ保健機能食品「機能性表示食品」です。

食後の血糖値や中性脂肪の上昇を抑制する「難消化デキストリン」やレタス23個分の水溶性食物繊維、80種類の植物発酵エキスが健康的なダイエットをサポートしてくれます。

カプセルタイプのサプリと違って、デザート食感で美味しく食べるゼリータイプだから腹持ちが良く、満腹感を感じやすいのも嬉しいポイントです。

  • 定期2箱セット(30日分):初回2,980円(2回目以降4,600円)

※縛りがないので、初回だけでもやめられます。